キヤノンの労働組合・川崎支部さまよりお声掛けいただき、「トヨタの時短術」について講演をさせていただきました。

キヤノン 講演

 

講演の題目は下記のとおりで、いかに短い時間で成果を出すか、というテーマに基づいてお話を展開してまいりました。

1.時短のために、「目的は何か」を考える

2.時短のために、「頑張る」ということを理解する

3.時短のために、「これまでの常識」を疑う

4.時短のために、「ラクになる方法」を考える

5.時短のために、「自らの動き」を意識する

 

終了後、メールにて感想をいただきとても嬉しかったです。

キヤノン 講演