このページでは、著者・原マサヒコがトヨタの現場で学んだ「トヨタ流カイゼン」「トヨタのPDCA」等について、テーマをひとつずつ取りあげながら解説をさせていただきます。

・仕事で動線を考えるなら『動作経済の原則』に従え

・前工程は「神様」、後工程は「お客様」と思いなさい

・5Sで仕事環境を整えてからPDCAを回そう

・ムリ・ムダ・ムラの排除はとても重要な仕事である

・仕事とは何なのかを理解しないとPDCAは回らない

・計画時のポイントは現状を「視える化」すること

・過去に囚われず白紙でものを見てPLANを立てよう

・計画を立てるには算術より忍術

・非常識な目標を立てて思考を飛躍させよう

・「巧遅より拙速」で動かなければ評価されない

・なぜ5回(なぜなぜ分析)でモグラ叩きを回避せよ

・「不良」は目の前に出して責任追及より原因追究を

・トヨタの真因思考で効果的に問題を解決していこう

・評価をするなら「ベンチマーキング」で

・「三現主義」 で現場を適正に評価しよう

・トヨタの現場思考が最重要である理由とは

・改善するなら「多能工」になろう

・トヨタの改善思考は誰のためにあるのか

・「どうすれば出来るか」を考えるべし

・トヨタの横展思考で視点をずらしなさい

・働き方を変えるなら「3定」を意識しよう